補聴器Q&A
補聴器とは?
補聴器は、難聴で届きにくくなった音の情報を伝え、コミュニケーションや日常
生活を助けるものです。個人の聴こえにくさに合わせて音質や音量を調整し、
音を届けます。
補聴器には、この調整が不可欠で、これが単に大きくする「集 音器」や「拡声
器」との大きな違いです。また、補聴器は医療機器です。
デジタル補聴器とアナログ補聴器の違いは?
アナログ補聴器は、比較的簡単な音処理を行い、調整器の数が少なめです。
一方、 デジタル補聴器は、小さな部品一つで音をデジタル化し、複雑な処理
や調整ができます。そのため小型ながら会話以外の雑音を減らす(ノイズリダクション)、正面からの音を聴き取りやすくする(指向性)、ハウリング(ピーピー音)を減らす機能などが搭載され、様々な環境でも快適な補聴効果をもたらすことができます。
補聴器をつけるとすぐ聴こえるようになるのか?
補聴器は使う方の聴力に合わせた調整を行わなくてはなりません。補聴器の調整は当店にて行います。調整がきちんと行われても、耳は感覚器官ですから補聴器の音にはすぐには順応できませんので少しずつ新しい音に慣れていきましょう。
補聴器をつけると聴こえが元のように戻るのか?
補聴器の役割は「聴力を治す」ことではなく、あくまでも「きこえを補う」というこ
とにあります。聴こえ方には個人差があり、補聴器を使用していても聴こえ方
は様々です。
補聴器も目覚しい進歩を遂げていますが、今まで聴こえなった音が以前より
よく聴こえると思ったら、それは補聴器の効果なのです。
周囲の人が補聴器を使っている人へ配慮することは?
補聴器をつけたからといって「聴こえ」に困らない人々と同じになるわけでは
ありません。周囲の方の配慮が必要です。
「ゆっくり」 「はっきり」 「区切って」 話しましょう
耳が遠くなると耳から情報を素早く処理することが困難になります。そのため、
補聴器を装用しても早口で話されると内容が理解しにくくなります。「ゆっくり」
「はっきり」「区切って」話しましょう。また、大きな声で話しかけられるとガンガ
ンしたり、ひずんだ音声を聴くことになります。声の大きさより、はっきり話しか
けましょう。
正面を向いて話しましょう
お互いの表情や口元が良く見えるよう正面から話しかけてあげてください。耳
からの情報だけでなく、目からの情報もコミュニケーションの助けになります。
また、顔を見て話すことは 注意力を持続させることにも役立ちます。
言い方を変えてみましょう
一つの言葉が聴きとれないときは、何度でも繰り返すのではなく、違う言葉で
言いかえてあげてください。
騒音を減らしましょう
補聴器を使用すると今まで聴こえなかった、周囲の音が聴こえるようになり、
その中には聴きたくない音が、騒音として聴こえてくる場合があります。聴こえ
に困らない人々にとってなんでもない音が邪魔になりやすいのです。家庭内でも会話をするときは、テレビやラジオ等の音はなるべく小さくするよう配慮して
あげてください。
補聴器の装用を強制しないようにしましょう
補聴器を購入したのだから早く使いこなしてほしいと思うのは当然ですが、特にご高齢になると新しいことに慣れるのに時間がかかりますので、周囲の方も強制せずにやさしく見守ってあげることが大切です。